地方の支援制度を利用

地方へ移住する際に、移住先の自治体が移住者向けの支援制度を設けている場合は、これを活用するのが有効です。多くの地方自治体では、多くの人が自らの自治体に移住し、なおかつ長期間定住してもらえるように、条例に基づいた移住支援制度を設けています。 多くの自治体で導入されている移住支援制度の例としてまず挙げられるのは、不動産の取得や維持に関係する制度です。地方では都会より少ない費用で不動産を取得できることが多いですが、取得に際してまとまったお金が必要となることに変わりはありません。もし、移住先の自治体に不動産取得費用の補助制度があれば、これを利用することで土地の取得費用や住宅の建設費用を抑えることができます。ただし、この補助制度はその自治体に長期間定住することが条件となっているほか、補助を受けられる金額にも上限がある点には注意が必要です。また、不動産を保有し続けていると、住宅の傷んだ部分を補修したり、リフォームを行わなければならないだけでなく、固定資産税などの税金も納付しなければなりません。この場合も、自治体に住宅のリフォーム費用の一部を補助する制度や、固定資産税の減免制度があれば、利用することで維持費用を少なく抑えることができます。 移住支援制度は不動産に関するものだけではありません。例えば、ある自治体では、自治体内の企業に勤めることになった場合に奨励金を支給する制度が導入されています。また、別のある自治体では、子供が中学校を卒業までにかかる教材費や給食費などの費用を全額補助する制度を導入し、自治体内の子供の教育を支援しています。この他にも、定住を決めた自治体内で起業をする者に対して創業に必要な経費の一部を補助もしくは融資する制度や、空き店舗を利用して新規に店舗の営業を始める場合に改装工事費と賃料の一部を補助する制度など、移住先の生活や仕事を充実させるための制度にはたくさんの種類があります。

自治体で違うが支援制度はすごい

不動産を探す際場合、それぞれの状況によって優先する事柄が異なります。仕事場や学校までの距離を優先する場合もあれば周辺環境を優先される場合もあり探す人の数だけ優先させるものが変わります。しかしこういった優先させるものが特にない場合に知ってもらいたいのが自治体による支援制度です。不動産を賃貸で利用する場合や購入する場合に特化した支援制度もありますがその地域の住民となることでその恩恵を受けることができるものもあります。

詳しくは・・・