農業をしたいなら!

定年退職後、もしくは脱サラして農業をしたいというなら、田舎へ移住するという方法があります。田舎であれば都会とは違って物価が安いですし、広い庭付きの大きな一軒家などの不動産もリーズナブルにゲットできるのです。ただその際に注意したいのが、家族がいる場合家族の了承も得ないといけないということです。一人暮らしで誰にも了承を得る必要がないならいいですが、田舎への移住となると色々問題が発生します。ずっと都会暮らしで自家用車を持っていない方もいらっしゃるかもしれません。免許はあるけれどペーパードライバーとなると問題です。田舎では自動車がないと生活できないケースがほとんどなので、その場合はペーパードライバー用の講習などを受けて車の運転に慣れる必要があります。また、知人、友人がいないので、新たな人間関係を一から築かないといけないというデメリットもあります。特に田舎は回覧板など近所付き合いが濃厚な場合が多いので、そういった付き合いが苦手であると大変です。 田舎であれば土地や家などの不動産は安く手に入れることができますが、それだけの理由で移住するのは少々考え物なのです。生活の手段として自動車を運転する必要があることが多いので、それが可能であるか、そして近所付き合いに抵抗がないことも必要となるのです。特に農業をしたいために田舎に移り住むとなると、農業に関する知識をその土地の人に教えてもらわないといけません。そういった意味でも近所付き合いは非常に大切になるのです。 不動産を手に入れたいからという安直な理由で田舎に移り住むことは少々難がありますが、安く不動産をゲットするのが目的ではなくその土地の人々と仲良くし、その土地が第二の故郷と思えるほどに慣れ親しむ覚悟があるなら、田舎に移住し農業を営むという人生もいいかもしれません。自分で作った野菜や果物などを収穫、そしていただくことで大地の恵みを心から実感できるでしょう。

新規就農を支援する田舎は多いね

現在の日本は、東京や大阪など都市部に人口が集中していますよね。そのせいで地方では過疎化が進んでいて、特に農村部では高齢者しかいない地域もあります。都市部に人口が集まるのは、若者の全てが都会に憧れているからだけではありません。就職先が都市部にしかないので、嫌々田舎を出て行く人もいます。

詳しくは・・・